中学受験を目指す小学5年生が陥りやすい「算数のつまずき」は早めに対処を!

中学受験において、算数は得意な子と不得意な子の間で得点の差がつきやすい教科です。算数を制することが中学受験の成功につながると言っても過言ではないでしょう。中学受験を目指す小学5年生の間では、「算数のつまずき」がよく問題になりますが、早めに見つけて早めに克服することで算数を得意教科に変えることも可能です。

小学5年生の算数でつまずく人が多いのには理由があります。理由は1つだけではなく、さまざまな理由が関係していますが、その多くは周囲が気を配ることでうまく乗り越えられるものです。つまずきの理由を明確にすれば、対応策も見えてきます。例えば、「塾のカリキュラムの問題」もつまずきが多い理由の1つです。これまで順調に塾のカリキュラムをこなしていた子どもから「小学5年生になると算数が急に難しくなった」という言葉を聞いたら、「学力に問題があるのではないか」と慌ててしまう保護者が多いかもしれません。

 

ここで覚えておきたいのは、「小学5年生からの算数の内容は、小学4年生までの内容と比べて格段に難しくなる」という事実です。それまでと同じ要領で学習していると、内容をこなしきれなくなり、演習や定着のための十分な時間が取れないまま次の学習内容に進むことになります。算数の学習は、新しい単元の内容が、それまでの単元で学習したことの応用であることがほとんどです。1つの単元を理解しきれていないことがその後の単元に影響し、つまずきの要因となります。

 

次に考えておきたいのが「子どもの精神的な成長」です。小学5年生は自我が強く芽生える時期です。個人差はありますが、小学校高学年で反抗期を迎える子どもも少なくありません。先生や保護者の言葉を素直に聞けなくなり、反抗的に接してしまうのは、心身が成長している証でもあり、仕方がないことなのです。しかし、中学受験という側面から考えると、小学5年生は算数だけでなくほかの教科の負荷も高くなる時期で、受験学習に費やす時間を多くとる必要があります。「勉強しなさい」という言葉に反抗したり、勉強する意味を見出せなくなったりして勉強時間が減ると、塾のカリキュラムについていけなくなる可能性が高まるのです。特に反復学習が必要な算数では、勉強時間の減少がつまずきの要因になってしまいます。

 

最後に知っておきたいのが「算数の特性」です。算数は多くの要素を使って問題を解く科目です。旅人算が苦手な子どもの中には「旅人算の概念が理解できていない」のではなく、「速さの計算が苦手」「単位換算が苦手」「グラフの読み取りが苦手」「条件の読み取りが苦手」というケースが多く見られます。原因が速さの計算にある場合、旅人算の演習を重ねるだけでは問題は解決しません。それどころか、速さの計算を使って解く「流水算」などにも苦手意識が生まれてしまうでしょう。小学5年生からは、これまで積み重ねてきた要素を用いて解く問題が増えます。1つの苦手要素があると、複数の問題にマイナスの影響が出てしまう算数ならではの特徴も、つまずきやすい理由の1つです。

つまずきやすい問題・単元と、つまずきを見つけるサインを知ろう

小学5年生の算数でつまずきやすい問題や単元は以下の通りです。

「比を活用した問題(図形・速さ)」

「水そうの問題(特にグラフ関連)」

「数の性質(倍数・約数を活用した問題)」

「数列(三角数・四角数)」

「割合の問題(還元算、売買損益算)」

「立体図形(図形の切断)」。

これらの単元を子どもが学習しているときは、特に気を付けて声かけをするとよいでしょう。カリキュラムテストや演習問題などを親子で見直し、確実に解けているかを確認しましょう。

 

「学習しているのにテストの点数が思わしくない」「特定の領域だけ苦手に感じている」といった状態は、つまずきが始まっているサインです。なぜテストで点が取れないのかを分析しなければならない段階に来ていると考え、「今回は調子が悪かったのかな」などと曖昧にせずに、対策するようにしましょう。また、「勉強したくない」「塾の授業の話はしたくない」といった言動は、子どもからのSOSかもしれません。こうした状況は、放置して様子を見たり、勉強を強制したりするのではなく、冷静に原因を探って解決する必要があります。

つまずきの予防方法・克服方法とは

算数は一度つまずいてしまうと克服するのが難しい教科です。これには2つの理由があります。1つは、中学受験に対応するため塾のカリキュラムがびっちりと組まれており、つまずいた箇所までさかのぼって、学習し直す余裕がないこと。もう1つは、どこでつまずいているのかを把握するのがとても難しく、本人だけでなく、保護者や塾ですら分からない場合があることです。この2点について、つまずかないようにする対策つまずいてしまった後の克服への取り組みを解説します。

 

算数は、積み重ねが重要な科目です。つまずいた箇所を放置してしまうと、その後の学習にさらに大きな悪影響が出ます。そのため、カリキュラム学習にかける時間の割合を減らしてでも、振り返りの時間を確保することが大切です。「塾の授業には参加するけれど、内容の理解にとどめ、定着のための演習には参加しない」といった思い切った方策を取り、その時間をつまずいた箇所の学習に当てましょう。一時的にカリキュラムテストの点数は下がりますが、悪循環を断ち切るのに必要な学びと考えて、2~3カ月は我慢する必要があります。つまずきを防ぐためには、一つひとつの要素を着実に定着させていくことです。理解できていることよりも、正答率が高いことを重視して、問題を正確に解く力がついてから次の単元に進むようにしましょう。

 

「つまずきの原因となる箇所が分からない」場合は、つまずきの原因をカリキュラムテストの結果から探してみましょう。つまずきの原因がどこにあるのかが分かれば、対策をすることができますが、原因が分からないと打つ手がありません。計算問題や基本問題で、受験生全体の正答率が高いのに点数を落としている箇所がないでしょうか。ピックアップした疑わしい部分から、原因となる要素を突き止めていきましょう。この方法は、つまずきを防ぐ目的でも使うことができます。テストを受けた後には、間違えた箇所に共通した傾向がないかどうかを確認しましょう。前の段落で紹介した、つまずきやすい問題や単元に注意してみるのもよいでしょう。

 

つまずいた箇所の克服は、塾だけに任せておけばよいかというと、そうではありません。つまずきを克服するためには家庭学習の時間をうまく配分する必要があるため、家庭での時間管理や指導が重要です。また、指導経験豊富な講師でないと対応が難しいため、家庭教師や個別塾を利用する場合にも任せっきりにせず、連携して対応する必要があります。対策していても克服できていないと感じたら、つまずき対策の経験が豊富な塾を利用することも検討するとよいでしょう。

 

なかざわ塾のように「個別算数教室」「個別質問教室」を授業講座の中に取り入れ、つまずきの予防や克服の指導に取り組んでいる塾もあります。また、なかざわ塾が取り入れている「全塾生無学年制講座選択」という制度もつまずきの予防や克服に効果的に利用できそうです。6年生でも5年生の算数を並行して受講できるので、他学年の講座を一から振り返って学ぶことが可能です。

まとめ:つまずきに早めに気づき、塾と家庭が連携して対応を

算数のカリキュラムの難度が上がる小学5年生は、「算数でつまずきやすい時期」といえます。つまずきやすい単元に留意し、つまずきのサインに気付いたらすぐに対策を練ることが大切です。自我が芽生え、ストレスをためやすい時期であることも考慮して、家庭と塾が連携して対応に当たりましょう。つまずきやすい単元を学習しているときは、特に注意が必要です。

算数単科コース

バナーをクリック!

お気軽にご相談ください!