TOP > 中学受験合格への道 >

神奈川学園中学校 受験合格への道

将来を見据えた志望校選び!

■理系進学を念頭に置いた志望校選び。算数の強化を重点的に!


「将来は医療系の職種へ就けるようにしてあげたいのです。」

5年生当初の個別面談にて、お子様の将来についてお話をしたときのお母様のお言葉です。
実際にご家族が医療系のお仕事をされていて、お子様にも具体的な職業のイメージがあり、
お子様本人も強く希望されているようです。

職種的に理系への進学を前提とした教科指導と進学先選びが必要です。

さて、教科指導ですが重要な科目となる算数は、本人のやる気は感じられますが、基礎的な学力が大幅に不足しております。
よくありがちな解説通りに答えや式を覚えるだけの学習です。数値や条件が少し変えられるだけで解けなくなり、暗記で覚えますから時間経過とともに分からなくなってしまいます。
まずは与えられた情報を整理し正しい解法に導くトレーニングが必要です。
算数は思考力の育成が大切な教科です。難しいのは算数の思考力を鍛える為のトレーニングはお子様の現状によってプログラムが異なる点です。

なかざわ塾では、算数があまり得意でない方に向けたトレーニングプログラムも多数用意しております。少人数と個別指導の利点を生かしてお子様に最適なプログラムを実施いたします。

まずは情報を効率よく整理する為のノートスキルの育成、 様々な解法を駆使できるように基礎的な知識と解法の習得の トレーニングを実施いたしました。

■学習の優先順位を間違えると頑張っても結果はともないません。


国語の読解にも大きな弱点があり、言語要素の定着も弱く、毎週の漢字テストも3割程度の得点状況です。読解力は精神年齢の成長の影響を受けやすく中学受験ではウィークポイントとなるケースが多くみられます。
まずは語彙力や記述力など比較的トレーニング効果が出やすいものに時間をかけるようにしました。

中学進学後の学習も考えて知識力を強化するための暗記学習のトレーニングを国語の言語要素、社会の基礎知識、理科の頻出用語の暗記を通して進めていきます。

このように教科を問わず育成したい能力別に分けて トレーニングを積むことが効率よく成績をアップさせ 進学後も伸びる学力を作るコツです。

■間違えた学習から脱却できず・・・

■時間はかけても学力は伸びない!ならば・・・


5年生当初の学習は苦戦の連続でした。
やる気はあるので量も時間もかけるのですが、取り組み方が問題です。答えを出して満足し、その過程を重視しません。よくあることですが解答を赤で直してできた気になる学習です。知識関連の内容でも覚えられずに苦労しております。
5年生の夏に受けた首都圏模試では算数だけ40台となりましたが、4教科では30台の数字でした。
やはり、与えられた課題をこなすことだけを目標に学習してしまい内容的な理解が不足しているようです。実際にお子様がノートに書いた式や図について質問をすると、なんでこの式なのか、この図の数値がどこから出たのかなどに答えられない事が多々あります。
これは特別な事ではなく多くの中学受験生が抱える問題です。
この状態で受験カリキュラムを学年相応に進めていても決して学力が向上することはありません。

ならば・・・


もう一度4年生の学習から取り組ませた方が 良い結果がでるのではないか… と指導方針を転換いたしました。

■基礎ができるとサクサク進める!テンポよくできると楽しくなる!


多くの中学受験生や保護者が学習について一番勘違いしていることは「難しいことをトレーニングすれば簡単な事は出来る」と言う事だと思います。
当たり前のことですが基礎ができていなければ練習レベル、発展レベルの問題は解けません。ですが通常の進学塾の受験カリキュラムでは基礎が大切と思いながらもあまりに膨大な学習をこなさなければいけないために基礎に振り返って学習することが難しいのが現状です。
基礎に振り替えるうちに現状の学習が疎かになってしまい結局、現在の学習も後日、ご家庭でフォローする羽目になります。

この悪循環を断つために、

なかざわ塾ではすべての学年の授業コマを必要に応じて選択し受講講座をカスタマイズできるようにしております
6年生の夏前位から上記の学習の効果が出始め、算数はサクサク問題を進めるようになり、教えていても本人がテンポよく学習できているのが感じられます。
良い状態で6年生夏の学習に入る準備が整ったようです。

■算数は首都圏模試で偏差値65まで上昇。


夏の学習を効果的に過ごせたからでしょうか、9月以降はゆとりを持って学習しているようです。夏期講習では算数でなく苦手な理科、社会の知識の確認法のトレーニングを中心に実施しております。

これは受験対策のみならず中学進学後の学習に 必要なスキルを身に着ける為でもあります。

秋も順調に学習を進め、11月の公開模試では算数で偏差値65を取り、4教科でも50を超えることができました。
国語の読解は不得手でしたが「今解き教室」を続けた結果、記述問題はしっかり書くことができます。
理科・社会の知識も夏の学習で頑張りました。あとは入試問題に向かうだけです。

結果・・・神奈川学園合格!

■受験を終えて。なかざわから君へのメッセージ。


君は一つの事柄を諦めず、丁寧に、あたるという素晴らしい才能があります。
苦手な事柄から逃げずに立ち向かう姿勢は今後も大きな財産になっていくと思います。神奈川学園は女子校ではありますが、数多くの理科の実験や高大が一緒になった理系教育など君の進路目標に沿った学習環境の学校です。
中学受験で培った様々な学習スキルは今後も大いに役に立ちます。

なかざわ塾での学習のように将来の目標に向けて焦らず、 怠らず、楽しく学習に取り組んでください。 きっと素晴らしい6年間をおくることができますよ。

■母さまから頂いたありがたいメッセージ

なかざわ先生、長い間、大変お世話になりました。娘の受験が終わり、ほっとした反面、先生にお会いできなくなるのでとても寂しいです。
それだけ私達が先生へ依存していたと実感しています。
子供は先生との関わりを通し、素直・信頼・努力・不屈・感謝などなども学びました。勉強のみならず、精神面での土台形成にも良い影響を与えて頂いたと感謝しています。
本当に本当に多くの学びをありがとうございました。


慶応義塾湘南藤沢中等部 受験合格への道

慶応湘南藤沢 SFCへの1年間チャレンジ!

■兄ちゃんと同じ学校に通いたい!

「本人が突然に言い出しましてね。先生どうでしょうかね?」

5年生冬の個別面談でお父さんから話を聞いたときは即答しかねる状態でした。
「大好きなサッカーをやらせたいので受験はしないと思います。」
当初は中学受験をする予定はほとんどなく小5の春から週に一日だけ、なかざわ塾で算数理科の単科講座を受講しておりました。内容も受験学習というよりも算数や理科を好きになる学習を中心に指導を進めながら、家庭課題も一切出していない状態でした。

本人の気持ち次第では受験をするかも知れないとは伺ってはおりましたが、
残り一年で、ほぼ受験知識がない状態から慶応湘南藤沢(SFC)を目標とするとは...。

「やってみましょう。 本人は覚悟できているのですね。」「お兄ちゃんが毎日楽しそうに学校へ通うのをみて
本人がその気になっちゃいましてね。
ダメ元でチャレンジさせようと思いましてね。先生如何ですか?」


兄は私の教え子でSFC生です。
兄に似て普段の学習態度を見ていても素直で真面目なお子様です。
強いモチベーションがあるならもしかしたら
過酷なトレーニングも乗り越えられるかもしれない!

全力でサポートしてあげたい気持ちが強くなりました。

大好きなサッカーも日曜日だけにして、毎日塾に来て勉強する覚悟はできているとのこと。 お父さんと話ながらダメ元ではなく合格させる為の学習プランを作り上げいきました。 しかしお子様がこなせるかどうかこの時点では未知数です。

 

■夏までは算数の基礎学力を重点的に強化、狙いは9月以降の国社の強化...

可能性を強く感じたのはお子様の読解力が通常の小学生のレベルからすると
かなり高いポテンシャルを秘めていることを冬休みの学習を通して確認できたからです。
言語要素は通常の小学校のレベルでは申し分なく、
受験レベルまで引き上げることが課題となります、
が些細なことです。
重要なのは文章をしっかり読み込める基礎的な読解力!
この力なくして如何なる難関校合格も至難となります。
言語要素以外にも語彙の少なさ、記述力の脆弱さなど対応が必要な項目が多くあり、
統合的に強化が可能な『今解き教室 記述教室』を残りの八ヶ月間受講してもらい
語彙力・記述力を鍛えることになりました。

どの様な学校対策でも必要となるのは基礎学力です。 まずは学力の土台を一から丁寧に組み立て、 上に作る建物がいわゆる志望校対策となります。 算数の土台をできたらあとはSFC対策のみを考え、 残りの力を得意科目となるであろう国語と 社会に費やし得点源とする計画です。さて問題は算数です。半年と少し指導してきましたが慶応湘南藤沢の入試レベルまでは当然考えておらず残り時間を鑑みて指導するうえで最も思案しなければいけない教科です。
ここは目標から逆算しSFCに合格に必要な分だけの学力を身に着けさせよう。
言い換えれば同難易度の他校には受からなくてもSFCに合格する勉強を第一と定めカリキュラムをくみ上げました。

■答えが合っているだけではダメだよ!大切なのは解法を論理的に表現すること!

たとえ答えが合っている、理解できている事でも 図や式でノートに表現されなければ詳しく 指導後にもう一度書き直させる。幾度となく繰り 返される書き直しの中で表現のポイントを 学びかつ論理的な思考を体得する。 効果的ですがハードで精神的に負荷の 高いトレーニングです。国語の強化は予定通りに「今どき教室」での記述作文のトレーニングが
大きな効果を夏を過ぎたころには公開模試の成績も極めて良好となりました。

テーマ作文を書かせてもとても高度な文章構成ができるようになりました。

模擬試験の長文記述では完全解答はかけなくても必ず部分点を獲得できるようになりました。

これは「今どき教室」作文トレーニングを実施させている生徒全員に言えることです。

読解力とは全く別の力として、記述力は鍛えることができ、書いて表現する能力は入学試験のみならずお子様の将来には必要不可欠なスキルでもあります。膨大な知識を覚える社会の学習なども本人粘り強い性格にあった学習法を進めることで入試までには目標値まで到達できそうです。理科は当初から直前までに完成させることを考え計画的に進めております。

さて、問題は算数です。ある程度の基礎学力は身についたのですが当初の目標値には程遠くこのままでは大きな弱点となってしまう恐れがあります。
優秀で丁寧な学習をするお子様ですがそこは男の子!分かっていることを省略してしまい、思考がつながらずに結果として問題が解けなくなることが見て取れました。

新たな対策として理解したことをノートに書いて表現させるノートスキルのトレーニングを徹底的に実施いたしました。

 

 

■面接対策も考えた指導で準備万端。でも本人は不安でいっぱい。

算数は徹底した基礎対策とノートスキルの向上により夏前には最も得意な科目となりました。

これで夏からの文科系科目の強化に十分な時間をかけられます。
もともと読解力はあったので記述対策と言語要素対策を中心に夏の学習会でカリキュラムを組んで学習を進めました。10月以降には公開模試の国語を見ると、今どき教室での学習が狙い通り功を奏して長文記述では必ず部分点を獲得できるようになりました。

偏差値的なものは足りませんがSFCに向けての学習対策はほぼ万全な状態です。このころから面接対策に向けて日常的な部分での応対の仕方や言葉の使い方などのトレーニングも入れてまいりました。

ただ、最後まで模試の結果は振るわず12月の四谷合不合で初めて4教科で60に達した程度です。やはり数字だけ見てしまうと本人も不安でいっぱいです。

「君の目標はSFCに合格する力を付けることであって公開模試で良い点をとることではないのだよ。 SFCに合格する力はついたから自信をもって受けてきなさい」 入試直前に私が欠けた言葉です。 本心からそのように思っておりましたし、結果も当然そのようになりました。
結果・・・慶応義塾湘南藤沢中等部合格!

■受験を終えて。なかざわから君へのメッセージ。

君は、とても粘り強く物事にあたる才能があります。 また、文章での表現力に素晴らしい素質を感じます。 中学合格は君にとって通過点でしかありません。 SFCでは所謂受験学習はありません。実社会で役立つ学問をするための学校です。 ぜひSFCでこの素晴らしい2つの才能に磨きをかけてください。 「君の目標に向かう姿勢には、なかざわ塾の後輩達も指導させていただいた私も誇りに思っております。」

■先輩から受験生へのメッセージ

受験を始めようと思った切っ掛けは兄が通っている学校での生活が、とても楽しいと言っていたからです。
受験勉強中は自分の見たいTVや好きなスポーツを我慢しなければならなかったということです。
でも合格して楽しい学校生活を送りたいという目標を達成するためだと思い、頑張ることができました。
慶応湘南藤沢はとても楽しく、自分自身で学校から与えらる情報を管理したりすることにより
自立できるようになる学校なので、皆さんも是非来てください。


横浜市立南高等学校附属中学校 受験合格への道

合格への道9

■家庭は女子の進学校を希望。 算数の強化を対策の第1に

6年生開始時の個人面談で進学希望を伺ったところ、ご家庭は理数系進学に強い女子校を考えているとのことでした。
理数系に強い学校=国公立に対応した進学校となり、横浜近郊では、石川町の山手台御三家(フェリス、横浜共立、横浜雙葉)、洗足学園、湘南白百合などが考えられます。

合格への道10

■必ず偏差値65以上取れるようになるから。

お子様は、算数のセンスは良いのですが6年生開始時での四谷公開模試では偏差値55を超えたあたりと、志望する可能性のある学校を考ええると、少し物足りないレベルです。

合格への道11
 

これに対する私の指導としてはたとえ答えが合っていても解法(条件や図を含めて)が書いてない場合は全てやり直しでした。何故、解法(条件や図)を書くことが重要なのかを何度も説明し「この学習すすめていけば公開模試で偏差値65以上とれるようになるから」と励ましながら指導いたしました。お子様も「本当ですか?」とこの時点ではまだ少し懐疑的になりながらも、良く従ってくれたと思います。

■目標達成!総合成績も向上! でも・・・突然の志望校変更。

お子様は夏期講習前まで算数、理科を中心に学習を進め、夏期講習では社会、国語と文科系を中心とした学習をしながら順調に課題をこなしていきました。公開模試の成績も良くなり、10月の四谷公開模試では目標の算数偏差値65を超えて、なんと68付近まで上昇したのです。まだ文科系が少し弱かったのですが夏期講習での強化の結果がでるのは年度末ぐらいと予想しておりましたので問題はありません。話をきけば9月からの学校見学を何校かしているうちに、共学校も良いと思うようになったとのことです。気に入った女子校も変わらず志望校には入れておき、第1志望校としては、横浜市立南高等学校付属中学となりました。大変なことですが新たな目標に向かい残り3カ月の学習が始まりました。

合格への道12


■直前になり不安要素がいっぱい。

合格への道 お話を伺うと第2志望の女子中の過去問題集を復習していた所、得意科目である算数で2回目なのに点数が上がっていない残りの期間でなんとか対処して頂けないかとの要望です。実は私も少し気になっていたのですが直前の志望校変更の為、第1志望対策に力を注いでいるうちに後手にまわってしまいました。受験までの残り2週間、塾にて時間の許す限り第2志望の算数対策をやることになりました。


■満ち足りた表情で試験会場にあらわれる。

第1志望校は2月3日に試験があります。当日校門の前で入試応援のため待っていた私に「先生、おはようございます」と声をかけてくれたお子様の顔は満ち足りた表情でした。

合格への道14
合格への道15
 

■受験を終えて。なかざわから君へのメッセージ。

合格への道16 中学に行っても、この理数系才能を生かし自分の得意なことを伸ばせる生徒になってくれると信じております。自分のペースを大切にして無理なく学習を進め、どんどん才能開花させてください。

 

■ オプション選択講座

・パズル算数講座
・今解き教室
・5年地理講座(Ⅰ期)、5年歴史講座(Ⅲ期)


桜蔭中学校 受験合格への道

女子の最高峰を目指して!

■始まりは高みへの挑戦する心

「本人は第一志望校を桜蔭にするつもりのようです。」

6年生5月の個別面談でお父さんから聞いたときには軽い驚きはありました。

まず学校が定める通学時間指定内からも外れております。

合格への道2
「もし受かったら引っ越しますよ。ははは。親としては彼女のトップへ挑戦する気持ちを第一に考えて受験させるつもりです。」

とはいえこの時点での彼女の成績は四谷偏差値でまだ60を超えたあたり、

当初の第一志望には充分ですが桜蔭となると道のりは遠いように思えます。

 

■算数の力を徹底的に鍛えよう。パズルを利用した思考力の強化。

いかなる中学を目指すときにも受験学習のポイントは変わりません。
お嬢さんの場合は「基礎の充実」に置いては申し分なく、指導した内容については素直な性格も作用してほぼ完璧に体得しておりましたが、

「応用力の育成」については課題がのこっております。
これは4教科に渡り言えることですが、特に算数の難問や理科の物理関係の難解な問題での正答率に顕著に表れておりました。

合格への道3
しかしこの時点で難問ばかりを扱うようにするのは自信喪失につながりかねません。
幸いなことに、選択講座のパズル算数講座に参加しておりましたのでこの講座を最大限に活用して、通常よりも高いレベルの思考・応用のパズル問題にまで挑戦することによる無理なく思考力を高める工夫をいたしました。
最初は戸惑っていた彼女も徐々に基礎事項を組み合わせて応用するコツをつかみ、難解なパズルもこなせるようになりました。その結果、夏以降は高度な難問にもギブアップせずに取り組むことができるようになったのです。
さらに10月時点の公開模試で算数の最高成績(全国女子9位)をとるまでに成長しました。

 

■夏は社会の鬼となる。暗記力語彙力の育成。

理系中心で育成を進めてきた理由は私の中で社会は夏から、国語は秋からの強化と考えておりました。直前の冬から社会知識を詰め込むケースが多いのですが、社会の暗記学習と算数の思考論理学習では相性が悪く、どちらかを強化すると一方が弱体化するケースが多く見受けられます。

そこで夏までは徹底的に算数・理科の強化、夏期講習から社会学習の強化と決めておりました。
ところが薬が効きすぎたのか、もともと知識の学習に強いお子様だったこともあり、社会の用語を憶える楽しさに目覚め、社会学習を偏重した勉強するようになってしまいました。9月当初の面談時にはお父さんと「これで社会は安泰です。」と笑顔で話していたのですが、11月個別面談時にはなんか家では社会ばかり勉強しているんですよ。とお父さんも少し不安そうです。算数の成績も10月以降は低下してきております。そこで、12月からは算数中心の学習にもどすことにいたしました。

合格への道4
 

 

 

 

■国語は語彙力を高めて日本語に強い生徒になろう。

社会の強化学習では、用語や記述などの言葉を漢字で書く学習を徹底させたております。これにより言葉に対する感覚が敏感になり、国語の成績も安定してきておりました。さらに直前での国語強化として私が考えたのがパズル算数講座の時間帯を活用しての国語の語彙パズルを解かせることです。電子辞書を傍らに置いて友達と一緒にきわめて難解な国語パズルにチャレンジしてくれました。パズル講座ではどんなに難しいことをやる時でも楽しく進めることを第一に考えております。文法を含めた言語要素などにも強い生徒になってくれておりました。当然通常の読解演習に加え言葉の一つ一つを大切にすることを学ぶことにより、文章読解力全体の底上げをすることが目的です。ストレスがたまる入試直前だからこそ楽しく学習を進めてさせたいと考え、テーマを絞り残り一か月の学習を落ち着いて出来るように致しました。

合格への道5
そして受験当日に・・・。

 

結果・・・桜蔭中学校合格!

見事目標を達成し合格を果たしました。

■受験を終えて。なかざわから君へのメッセージ。

君は、とてもチャレンジ精神が豊富で何事にも努力を惜しまないという才能に恵まれたております。
中学合格は君にとって通過点でしかありません。
桜蔭へ進学後もこの素晴らしい才能に磨きをかけて君の希望である社会に貢献できる人材になってください。

 
合格への道7

■ オプション選択講座

・パズル算数講座
・今解き教室
・5年理科講座(Ⅰ期、Ⅲ期)、5年地理講座(Ⅰ期)

 

■お父様から受験生をお持ちの皆様へのメッセージ。

桜蔭中学に合格するまでには、紆余曲折がありました。
小学4年生の時に、四谷大塚の全国統一テストを受ける際、自宅から近い会場がなかざわ塾だったのです。
その時は、なかざわ塾が進学塾であることするしりませんでした。
塾に通塾するのは本人の強い希望でした。わが子には塾に通うことで日常のリズムを作っているようなところがありました。
小学校に通うよりも塾での勉強の方が面白く楽しかったようです。
塾長先生の言葉をそのまま引用しますと、塾での勉強の目的は学習スキルを身につけることです。
学習スキルは一度習熟すると、長い人生では一生の財産として身につき役に立つことだと思います。
方法論になりますが基本的なスキルを応用していくことで、いろいろな場面に他用ができるようになると考えております。
これは科目に限らず学習全般に言えることです。
桜蔭中学は全教科にわたり、出題の水準が高く合格する為には偏りがない方が有利です。
彼女の場合は夏までの間に算数を集中的に学習し、解法をマスターしていました。
ここでの学習では算数のスキルを繰り返し、しみ込むように学んでいった感じがします。
秋以降になると、国語と社会で得点できるようになっていきました。
読解のスキルが次第に身についていったのでしょう。どのような問題が出題されようが、怯まずに挑めたのは身に付けたスキルによるものだと思います。
答えを出すためのプロセスはどのような科目でも共通でありいろいろな問題をこなすうちにスキルの活用法が身についていくものだと思います。
今後、中学に入学して理数系、文科系と分かれていくものですがしばらくの間は意識せず、今まで身に付けたスキルを用いて学習をすすめていってほしいものです。
娘は夏までの公開模試では桜蔭中学の合格偏差値には届いていておりませんでしたが9月末の文化祭を見学にいったあたりから、自覚が出始め絶対合格するんだという気持ちになったようです。
やはり受験勉強にはモチベーションは大事だと思います。私自身は結果よりもプロセスを大事に考えていたので、本人の毎日の勉強に対する姿勢を評価していました。
塾長先生にもアドバイスを頂き、本人がやる気になって取り組んだ結果、今日があると思っています。
やる気を維持し、最後まであきらめない事が大事です。
今後の皆様のお子様の受験の参考になれば幸いです。


■ 先輩から受験生へのメッセージ。

桜蔭に合格する為には4教科のバランスをとれていないといけないので、「あっちを特訓したらこっちが下がって、こっちを特訓したらあっちが下がって」という風にバランスをとるのが大変でした。
公開模試などで例え合格可能性がとても低くても、苦手意識がある教科でも受験直前まではあきらめずに勉強を続ければ必ず伸びるのであきらめないでください。不安なことは先生に相談して、特訓すれば良いのです。


トップページオーダメイド授業理科実験通信合格実績アクセスお問い合わせ

二俣川駅徒歩3分! 電車通塾も安心!

【相鉄本線】
・横浜駅・平沼橋駅・西横浜駅・天王町駅・星川駅・和田町駅
・上星川駅 ・西谷駅・鶴ヶ峰駅・二俣川駅・希望ヶ丘
・三 ツ境駅・瀬谷駅・大和駅・相模大塚駅・さがみ野駅
・かしわ台駅・海老名駅
【相鉄いづみ野線
・南万騎が原駅 ・緑園都市駅・弥生台駅・いづみ野駅
・いづみ中央駅・ゆめが丘駅・湘南台駅

こだわり進学塾なかざわ

個人塾だからできるオーダーメイド授業を体験してください!
〒241-0821 横浜市旭区二俣川1-45-94 セレス二俣川(事務受付2F)
電話:045-362-9188

Copyright © 2012-2017 Nakazawa. All rights reserved.